お電話でのお問合せはこちら 

main_title
main_image
子宮頸癌は予防できます
子宮頸癌の原因とは
費用のご案内
子宮頸癌は予防できます
子宮頸癌予防ワクチンは、発癌性のヒトパピローマウイルス(以下HPV:human papillomavirus)の中でも特に子宮頸癌の原因として最も多く報告されているHPV16型と18型の感染を防ぐワクチンで、海外ではすでに100カ国以上で使用されています。

発癌性HPVの感染から長期間にわたって体を守るため、ワクチン接種を3回行います。
 
上へ
子宮頸癌の原因とは
発癌性のHPV感染が子宮頸癌の発症に深く関与していることが明らかにされています。

子宮頸癌は、20代から30代の女性で発症率第1位の癌です。

この子宮頸癌の原因は、ほぼ100%がヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染です。

ほとんどの場合は、性交渉によって感染すると考えられており、実はすべての女性の約8割が一生に一度はこの発癌性HPVに感染していると報告があるほど、どこにでもありふれているウィルスです。

このため、性交渉のあるすべての女性が子宮頸癌になる可能性を持っています。

ただし、この発癌性HPVに感染しても、一過性のウィルスのため大抵の場合は自然に体の外へ排出されます。

しかし、排除されるはずのウィルスが何らかの理由で長い間感染に侵され続けていると、ごく一部のケースで子宮頸部上皮内腫瘍(CIN:cervical intraepithelial neoplasma)になります。さらにその中のごく一部が約10年という長期間をかけ浸潤癌になると考えられます。
上へ
費用のご案内
sec3_image
○HPVワクチン接種の対象者

10歳以上の女性

○HPVワクチン接種の方法

半年間で3回のワクチン接種を行います。
(初回、初回から1カ月後、初回から6カ月後)

○ワクチン接種の費用(税込)

初回:21,600円
2回目:16,200円
3回目:16,200円
合計:54,000円

注)HPVワクチン接種は医師が接種を可能とした方となります。
妊娠している可能性のある方・妊婦・授乳中の方などは接種できません。

お気軽にご相談ください。
03-3361-6318
 
上へ
伊藤メディカルクリニックBLOG
伊藤メディカルクリニックBLOG

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 伊藤メディカルクリニックについて
 循環器科(高血圧・狭心症・不整脈等)
 血管外科(下肢静脈瘤・動脈瘤等)
 皮膚科(にきび・アトピー・水虫等)
 内科(糖尿病・内科・頭痛等)
 生活習慣病(糖尿病、脂質異常症等)
 禁煙外来
 子宮頸癌予防ワクチン
 各種健診について
 AGA(男性型脱毛症)について
 ED(勃起障害)
 患者さんの声
 インターネット予約
 アクセスMAP

伊藤メディカルクリニック
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。